>

実りある人生の総括

終活の意味

ご自身の最期まで何ができるか考える時間を与えてくれます。自分らしい人生の終わり方は何だろうかと。
今までの「死」については怖い、かわいそう、寂しいと言うイメージ、死後の事についてなんて縁起でもない、何を言ってるんだと否定的な考えでした。その家の物と言う認識で個人を尊重する考えとは違いました。残された人生、後悔なくいい人生だった、周りからもいい人生だったねと言われて旅立ちたいですね。人生のゴールと言うより違う世界への旅立ちの時です。
人生の旅立ちをすると言う前向きな余生を送る為に死について考えられます。終わりの活動、その為に今までの人生を振り返り生きていた事に感謝をします。周りに感謝する事で家族・関わった人々はその人個人を尊重できます。

終活の目的

いずれ訪れるのは死です。終活により、生きるとは何か、死に向き合えます。
また、怖い物でなく、ポジティブな人生を送る・充実した人生を送る為だけではありません。高齢化社会になり、老後の不安もあります。今後の人生設計の不安を解消していきます。ご自身ができる事で残った家族が困らないようにできます。遺品・遺産、葬儀、お墓などについてなかなか話題に出しづらい事をスムーズに話し合える機会でもあります。家族としての在り方を考え、絆を深めていくと思います。
終活によりいい人生・いい死に方とは何か考える事ではないでしょうか。いい人生とは苦労しない人生ではありません。山あり谷ありが人生です。いい死に方とは畳の上で死ぬのがいい死に方だけではありません。送られる・送る側お互いに感謝の気持ちがいい死に方です。


この記事をシェアする